中古BMWに乗ろう! - 中古BMWの車選びからメンテナンス、安く維持するコツなどをご紹介

BMWの中古車選びのポイントから維持のコツ、安く維持するコツ、メンテナンスまでノウハウをご紹介。

今月2018年12月の
オススメ中古車

BMWの中古車選びのポイントから維持のコツ、安く維持するコツ、メンテナンスまでノウハウをご紹介。


▼ メニューを開く








【2019年1月】今月のオススメ中古「1シリーズ」部門【厳選車ピックアップ】

中古車サイト「 グーネット 」の中から、毎月オススメの中古BMWをピックアップして紹介しています。

この記事では人気の「 1シリーズ 」にターゲットを絞ってオススメの車を紹介します。

車種ごとのオススメ車両を紹介する「1シリーズ」や「3シリーズ」「5シリーズ」「Xシリーズ」部門。価格帯別に紹介する「100万円以下」部門や「100万円~200万円」部門などがあります。

他部門のリンクは当記事下部に掲載しています。

注意当記事では、グーネット に掲載されている限られている情報を基に車両の状態を判断しています。そのため、実際の車両の状態と一致しない可能性があります。実際の購入に際してはくれぐれもご自身で販売店に問い合わせるとともに車を確認してご判断ください。

① 2014年式 F20 116i(118万円)

この車両ページを開く

2014年式の1シリーズです。

この1シリーズに搭載される1.6Lのターボエンジンはパワフルで、先代の1シリーズの2Lエンジンを搭載した120iよりパワフルです。8速ATを搭載し、力不足を感じることはないでしょう。

 

走行距離は5年落ちで3.1万kmとやや少なめです。

 

BMWを含めた欧州車のエンジンは日本車ほどシビアコンディション(渋滞や短距離のみの走行)に強くありません。特にこの1シリーズのようにターボを搭載した車両はその傾向が強いです。そのためきちんと走行距離を重ねた車両の方がエンジンのコンディションは良い傾向にあります。

とはいえ、まだまだ年式自体新しく、走行距離が少なすぎるというほどではないのでエンジンの消耗もほとんど心配する必要はないでしょう。

 

この最新のスタイリングとテクノロジーを手ごろな価格で挑戦してみたいという方にオススメできる1台です。

車検も約1年間残っており、BMW認定中古車と言うことで非の打ちどころがありません。BMWに挑戦したいけど維持費や故障が不安と言う方にもオススメできる1台です。

 

この記事を含め、当ブログでは相場より低価格の車両(もちろん理由はあります)を紹介しますが、この1台に関しては走行距離や状態、年式も新しく何も心配せず乗り出すことができる1台です。特に車に詳しくなく、故障が心配だという方にはオススメできる1台と言えます。

この車両について問い合わせる

② 2013年式 F20 116i(89.8万円)

この車両ページを開く

2013年式の1シリーズです。

中古相場が高めな人気の「Mスポーツ」パッケージを装着しています。

1台目で説明した通り、この1シリーズに搭載される1.6Lのターボエンジンはパワフルで、先代の1シリーズの2Lエンジンを搭載した120iよりパワフルです。8速ATを搭載し、力不足を感じることはないでしょう。

 

通常「Mスポーツ」というだけで価格が10~30万円程度上がることも珍しくありません。

それにも関わらず、1台目と比べて約30万円も価格が落ちる理由は5.2万kmという走行距離と車検がないという2点でしょう。

 

しかし、6年落ちで5.2万kmという走行距離は多くないどころか少ないほどです。

6年間で5.2万kmということは年間8700kmほど走行していたということです。月に換算すると700kmです。

先ほどの1台で説明した通り、BMWを含めた欧州車のエンジンは日本車ほどシビアコンディション(渋滞や短距離のみの走行)に強くありません。特にこの1シリーズのようにターボを搭載した車両はその傾向が強いです。そのためきちんと走行距離を重ねたこうした車両の方がエンジンのコンディションは良い傾向にあります。

 

まだまだ古さを感じさせないスタイリングですが、既に6年落ちということもあり89万円と言う非常にお手頃な価格設定がされています。

これから長く乗るにも、とりあえずBMWに挑戦してみたいという方にもオススメできるお買い得な1台です。

この車両について問い合わせる

③ 2012年式 F20 116i(69.9万円)

この車両ページを開く

2012年式の1シリーズです。

2台目もかなりお買い得な1台ですが、それ以上にお買い得な1台です。

1台目、2台目でも説明した通り、この1シリーズに搭載される1.6Lのターボエンジンはパワフルで、先代の1シリーズの2Lエンジンを搭載した120iよりパワフルです。8速ATを搭載し、力不足を感じることはないでしょう。

 

1台目と比べると50万円、2台目と比べても20万円も価格が落ちる理由は6.8万kmという走行距離と年式の古さでしょう。

 

しかし、7年落ちで6.8万kmという走行距離は決して多くありません。

7年間で6.8万kmということは年間9700kmほど走行していたということです。月に換算すると800kmです。

毎日片道20kmほどの通勤に使用していたのではないかと推測ができます。

これまでも説明した通り、BMWを含めた欧州車のエンジンは日本車ほどシビアコンディション(渋滞や短距離のみの走行)に強くありません。特にこの1シリーズのようにターボを搭載した車両はその傾向が強いです。そのためきちんと走行距離を重ねたこうした車両の方がエンジンのコンディションは良い傾向にあります。

 

この車両は、1年で約1万kmを走行してきた車両です。

年間1万kmというのは一つの目安になります。

年間1万km以上走行していれば走行距離が少なすぎてトラブルが起きる可能性も減ります。走行距離が少なすぎると、各部の劣化が一見して進まないことから整備がおろそかになりがちです。経年劣化やゴム・樹脂類の硬化が進んでいる可能性があります。年式が新しいうちは構いませんが、長く乗る際にはこうした劣化がじわじわと効いてきて、車齢が10年を越したころから様々な不具合が立て続けに起きる可能性が高まります。

 

元々低価格な1シリーズが、年式と走行距離にお陰で70万円を切る低価格です。車検も約1年残っています。

これから長く乗るにも、とりあえずBMWに挑戦してみたいという方にもオススメできるお買い得な1台です。

この車両について問い合わせる

④ 2011年式 F20 116i(77.5万円)

この車両ページを開く

2012年式の1シリーズです。

立て続けにお買い得な1台です。この車両は77万円と言う低価格で、更に車検が約2年残っています。

これまでも説明した通り、この1シリーズに搭載される1.6Lのターボエンジンはパワフルで、先代の1シリーズの2Lエンジンを搭載した120iよりパワフルです。8速ATを搭載し、力不足を感じることはないでしょう。

 

この低価格の理由は8年落ちの年式と6.5万kmという走行距離と年式の古さでしょう。

 

しかし、8年落ちで6.5万kmという走行距離は決して多くありません。

年間に換算すると8100kmほど走行していたということです。月に換算すると600kmです。

日本の中古車市場では、走行距離が増えれば増えるだけ価値がグッと下がります。

これまでの車両でも説明した通り、特に最近のターボエンジンを搭載したBMWの車両は「走行距離が少なすぎる」方が注意が必要です。

中古車価格としては安くなるものの、この車両のように適度に走行距離を重ねた車両の方がコンディションが良い傾向があるのです。

 

また、8年落ちといってもスタイリングはまだまだ古臭さを感じさせないものです。

特に2010年以降のBMWは耐久性がグッと向上しており、10年程度ではまだまだ故障知らずであることが多いです。

 

何よりこの車両で嬉しいのは2年近く残った車検です。

こんな車両が77万円と言う低価格ですから、間違いなくお買い得な1台と言えます。

この車両について問い合わせる

⑤ 2008年式 E88 120i Mスポーツ(91万円)

この車両ページを開く

2008年式の1シリーズ カブリオレです。

希少なカブリオレモデルで、カブリオレモデルらしいインテリアが魅力です。

1シリーズとしては貴重なホワイトレザーのシートとウッドパネルを採用しており、所有欲を満たす魅力的なインテリアになっています。

 

希少なカブリオレと魅力的なインテリアを備え、更に車検が丸1年以上残っていますが91万円と言う低価格です。

 

この低価格の理由は年式の古さにほかならないでしょう。

既に11年落ちとなっており、状態の良し悪しや希少性に関係なく、中古車価格としては低くならざるを得ません。

もしこの1台が魅力に感じるのであればお買い得な選択肢といえます。

 

走行距離は7.1万kmと、これまで紹介した車両に比べると多いですが、これは決して多い走行距離ではありません。

これまでの車両でも説明した通り、BMWを含めた欧州車のエンジンは日本車ほどシビアコンディション(渋滞や短距離のみの走行)に強くありません。そのためきちんと走行距離を重ねた車両の方がエンジンのコンディションが良い傾向があります。

ここまで紹介している新型の1シリーズと違い、この1シリーズに搭載されるエンジンは自然吸気エンジンですので、こうしたシビアコンディションにやや強いです。

 

それを加味しても購入の際には当記事後半で紹介している「車を買う前のチェックポイント」はしっかりとチェックしたいところです。とはいえ、まだまだ故障知らずで乗ることができる1台でしょう。

また、部品点数や構造のシンプルさ故、故障時の修理費用も新しいターボエンジンより安価になる傾向があります。

 

この1シリーズのカブリオレは販売台数も少なく、状態の良い車両を選ぶのであればもうあまり猶予がありません。

1シリーズのスタイリングやカブリオレに魅力を感じる人には是非オススメしたい1台です。

この車両について問い合わせる

 

他に気になる車両がある場合や、もっと詳しく説明してほしい場合

ここで紹介した車両について、もっと気になるところがある場合は、当サイトでも相談をお受けしております。また、車両ページからも気軽に販売店に質問ができますのでご活用ください。

また、ここで紹介していないものの、気になる中古車がある場合には同様に相談をお受けできます。

連絡方法は当ページの下の方に記載しておりますのでスクロールしてみてください。

なお、気になる車両についてご相談いただく際には、「 グーネット 」の車両ページのURLをお送り頂けると助かります。

車を買う前のチェックポイント

車の状態は年式や走行距離だけでは判断できません。

当サイトでは中古BMWに特化した車の選び方や維持のコツ、維持費を安く抑えるポイントなどを紹介しています。

しかし、最も重要なのは状態の悪い車を選ばないことです。

以下の記事で、車を選ぶ際の具体的なチェックポイントとチェックの方法を紹介しています。

【中古BMW選び】車選びのコツとチェックポイント - 中古BMWに乗ろう!

車を選ぶ際には是非参考にしてみてください。

また、車の状態以上に販売店が信頼できるかどうかも重要です。是非気になる車があれば、一度問い合わせてみましょう。

車種ごとの解説

中古車を選ぶ際に、気に留めておきたい知識を車種ごとにまとめてあります。

お買い得感の強いモデルを中心に主要なモデルを網羅しています。

以下のページにて各モデルの解説ページへのリンクを一覧にまとめています。

【中古BMW】車種別徹底解説インデックス - 中古BMWに乗ろう!

あわせてご活用ください。

今月の厳選車ピックアップ

過去の厳選車ピックアップ

過去の厳選車ピックアップの記事は以下のリンクからご覧いただけます。

厳選車ピックアップ

来月の厳選車ピックアップ

来月2月の厳選車ピックアップは2月15日ころの更新予定です。

厳選車ピックアップ

2月のオススメ中古BMW「1シリーズ」部門

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。