中古BMWに乗ろう! - 中古BMWの車選びからメンテナンス、安く維持するコツなどをご紹介

BMWの中古車選びのポイントから維持のコツ、安く維持するコツ、メンテナンスまでノウハウをご紹介。

今月2018年12月の
オススメ中古車

BMWの中古車選びのポイントから維持のコツ、安く維持するコツ、メンテナンスまでノウハウをご紹介。


▼ メニューを開く








【相談#5】BMWに安いオイルを入れても問題ありませんか?

f:id:katamichinijikan:20180823104228p:plain

当ブログをご覧の方から質問をいただきましたので、内容を一部公開用に修正のうえ掲載します。

相談内容

2005年式の3シリーズ(E46/N46B20A)に乗っています。

車を通勤に使用しており、5000kmごとにオイルを交換しようと考えています。走行距離は毎月1000km程度です。

日産純正のオイル(下記)が20Lで6000円台と非常に安価なのですが、このオイルを使用しても問題ないでしょうか?

回答

こちらの日産純正オイルは部分合成油にあたります。

まず始めに、E46にこちらのオイルを使っても全く問題ありません。特に5000kmという早めのスパンで交換されるのであればなおさら心配せずとも良いでしょう。

エンジンの状態をより良く保つためには、安いオイルでも良いので頻繁にオイルを交換する方が間違いなく良いです。

実際にオイル消費の激しい車両に硬いオイルを使用する際、予算の問題で部分合成油の15W-50などを使用することもあります。

 

部分合成油や安価なオイルを選択する弊害としては以下の2点が挙げられます。

  1. エンジンのフィーリング(振動、吹け上がりなど)が落ちる
  2. エンジンオイルの劣化が早い=寿命が短い

一点目は、ある程度以上の品質のオイルであれば感覚の鋭い方でなくては気が付かない場合が多いのですが、部分合成油を選択すると多くの方がその違いに気が付きます。(乗り始めてしまうとすぐに慣れてしまうものです)

二点目は、5000kmで交換するということで問題ないでしょう。安価なこともありますし、エンジンのフィーリングが落ちてきた時や一夏越えた時には更に早めに交換してあげても良いかと思います。